視覚と矯正のニュース 目にゅーすガイド

生活の仕方で視力は変わる

アフリカの広大な大地で生活している民族の人たちは視力が7.0もあると言われています。それに対し、日本人はあっても2.0くらいでしょう。なんでこんなに視力の差があるのでしょうか?

アフリカのサバンナで生活する人たちはいつもその広大な大地を見て生活しています。サバンナにはビルやショッピングセンターなどの視界を遮るものがなく、遠くまで見渡すことができます。いつも遠くの獲物などを見ているため視力が発達しているんですね。

もしもサバンナで生活している人が日本に来て生活したらどうなると思いますか?答えは視力がガクンと下がります。遠くを見ることがなくなったために視力が下がったのです。

昔テレビ番組に出ていた外国人タレントのオスマンサンコンさんは、日本に来る前は6.0の視力がありましたが、日本で生活するうちに1.2まで下がり眼鏡もかけるようになってしまいました。

視力は生活の仕方で下がります。また老化によっても下がります。

このサイトは視覚と矯正についてニュースを集めています。よかったら見ていってください。

BACK TO TOP